心つもりバイク査定

人気記事ランキング

ホーム > ファクタリング > 個人事業主向けのビジネスローンとファクタリング

個人事業主向けのビジネスローンとファクタリング

銀行系のローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という単語です。

どういったものか見てみると中小企業もしくは個人事業主向けのビジネスローンのことでした。

検索して上位に出てきた沖縄銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で審査を行えるようです。

融資上限額は最大5000万までということなので事業転換を考えた際の資金に良いのではないでしょうか。

ただし、銀行機関の行うビジネスローンなので審査期間は長くなりがちです。

なのですぐに資金が必要という方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

資金集めに困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった部分を見て借入先を選べば良いのでしょうか。

ネット上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり一番言及されている点は融資までの速さのようです。

一例を挙げると審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、アイフルグループやオリコカードなどどこの会社グループに入っているのか、累計利用者がどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に選ぶ際に重要なのが最大限度額や金利、最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHP上には返済シミュレーションが用意されているので参考にしてください。

経営者の方の中には、うまく仕事が回らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りをしようと方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でもローン審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組みでは利益が出ている企業の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合利益が出ないのでもちろん審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や天災などによる特別損失による赤字の場合です。

他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

融資で資金を借りる際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利だと思います。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、担保がなくても2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いて想像する銀行融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、審査が早いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

ネットを見ているとこんな質問を見かけました。

それは「ビジネスローンの審査は甘いですか?」という内容です。

結論から言うと、言われているほど審査は甘くありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

一般的に資金調達と聞いてイメージする銀行融資の合、経営計画書を提出する必要があり、そこに書いてある内容をノンバンク系のローンでは本人確認書類と決算書のみでOKというローンもあります。

他にも提出した様々な書類から多角的に審査します。

このように少し調べただけでも厳しそうな感じを持ってしまいますね。

ファクタリングおすすめ