心つもりバイク査定

人気記事ランキング

ホーム > ランドセル > ラン活でランドセルを選ぶときのポイント

ラン活でランドセルを選ぶときのポイント

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が新たな夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が一番重要視していたのは色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが年長さんの時に「かわいい」と思っていたのが高学年になると趣味が変わるということはよくあります。

同じように幼稚園年長の時に人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるオーソドックスな黒赤、ブラウンといった色を選ぶ方が多いようです。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?大半の方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目やデザインにこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーも人気になってきています。

男女両方で人気のデザインはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人とデザイン被りしないものが欲しい方はハンドメイドマーケットサービスで探してみても良さそうです。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さはランドセル本体の質量ではなく背負った時の体感重量のことを言います。

他にもいくら丈夫でも万が一壊れてしまったときのために6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

年々、購入時期の早まっているランドセルですが2019年に小学校入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系ブランドでは生産可能数などの問題から早めに注文されることも多いようです。

これから購入するという方向けに最新の流行を紹介します。

ランドセルの規格はA4フラットファイル対応サイズが標準となっています。

デザインは男子向けでは「スポーティで元気!」というイメージのものからスタンダードなブラックに戻ってきました。

女子向けでは光沢の強いパール調素材の龍宇高が落ち着き今年はブラウンやピンクに近い色味の赤系が売れているようです。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は入学の1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に生産数が限られている工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている人が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を行っている早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

【PR】 https://www.prathmeshent.com/